スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 勇者30

突然になりますがつい最近…と言っても一ヶ月前くらいですが、PSVitaを購入しました。
どのソフトで遊ぼうかなーと散々迷った挙句、主にプレイしているのはDL版のPSPソフトだったりします。
お家にいながらにしてソフトをネット経由で購入、即プレイが出来るという流れは凄いですね。簡単な手順でサクッと手に入るので金銭感覚が狂いそうです。

で、試しに買ってみた数作の中に私の好みドストライクなゲームがありました。
超速RPG『勇者30』です。
実は発売当時から気になっていたタイトルだったのですが、なかなか手が出せずその存在すらも忘れかけてしまっていました。
しかし今回のDL販売を機にあらためて購入しプレイしてみたところ…どっぷりハマりました。久しぶりに徹夜でゲームをプレイしたような気がします。

この『勇者30』、肝心の内容ですが「30秒以内でレベルを上げ、装備を整え、町の人の頼みをきく等のRPG要素をこなしつつ魔王を倒す」という中々せわしないゲームになっております。
この部分だけ聞くと難しそうに思われるかもしれませんが、ゲーム全体を通しての難易度は割と低めなのであまり警戒する必要はありません。
またテーマがテーマなだけにひとつのミッションに掛かる時間も短いので気軽にプレイする事が出来ます。
懐かしさを感じられる2頭身のドットキャラ達、軽いノリで進みながらも的確に盛り上がりのツボを突いてくるストーリー展開と熱いBGM、昔ながらのRPGが好きな人がニヤリと出来る王道的な演出等々がふんだんに詰め込まれた一作でした。
しかし昨今のゲームに比べやりこみ要素や多様性にやや乏しい面もあるので(一応称号的な要素はありますが)、若干人を選ぶところもあるかもしれません。逆に、シンプルなゲームが好きな方には自信を持ってオススメできます。
もし興味のある方は是非パッケージ版・DL版どちらでもよいのでプレイしてみて下さい!

また続編として『勇者30 SECOND』も既に発売されております。
こちらは「超速ドラマチックRPG」のジャンル名通り前作よりも更にストーリー部分に力が入っており、とても30秒内の出来事とは思えないほどのドラマ性を含んでいました。
年を経るにつれてどんどん涙脆くなってきたと自分自身感じておりましたが、まさかドット絵のゲームでぼろぼろに泣かされるとは思っていませんでした。
エンカウントシステム等は『勇者30』と少しだけ違いますが、前作が好きだという方には是非ともやって頂きたい作品です。
こちらも興味が出ましたらプレイしてみて下さい!(『勇者30』をクリアした後でプレイする事をお勧めいたします。)

…と、ひたすら勇者30の感想を長々と語ったわけですがそれほどまでに近年私の中で大ヒットしたゲームでした。
少しでもプレイする人が増えてこの気持ちを共感出来たらいいなぁ、なんて夢を見ながら今日のところは失礼致します。


以下、拍手コメント返信です。

 コメント

勇者30secondしか見つからなくて未だにプレイ出来てないです・・・
しかしキンハを買ってしまいました^^;

>トボミーさん
一度積んでしまったゲームってなかなか再開できないですよね。そして後から買ったゲームを優先してしまい、どんどんプレイする機会を逃していくという結果に…。

 コメントフォーム













 秘密コメント

 トラックバック

 トラックバックURL

Material by 青の朝陽と黄の柘榴/Template by Ophelia
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。